2011年03月17日

買占め報道に思う。

報道だけだと思っていたら、地元の店でも商品棚がまさかの空っぽ。
普段通り生活している側からすると、迷惑この上ない。
米やら水やらどんだけ買い込むんだ、と。
かといって、こういう類の人たちは備蓄を習慣化することはない。
なぜなら震災を経験していないから、カップ麺の賞味期限と共に忘れる。

これだけ情報が錯綜し、どのチャンネルも空っぽの棚を繰り返し映せば不安になるなというのも無理からぬことかもしれない。
それでも、同じ状態で買占めに走らない人もいる。
両者の違いは何なのか。
利己的か否か、という考え方もあるだろうけれど、メディアリテラシーの有無ではないだろうか。
残念ながらメディアは必ずしも正確な情報源ではない。
例えば新聞の一面記事が誤報だったとしても、同じく一面で訂正・謝罪することは皆無。
あくまで読み物の一つです。
テレビも放送時間という制約条件がある以上、報じる情報を編集するためにはある程度の意図が生じる。
ネットは・・・情報の洪水。
だからこそ、読み手・受け手には溢れこむ情報の真偽を判断できる、しようとする力が必要。
今回の買占めも、この地方の供給インフラに何ら支障がないことさえ分かっていれば、なんら買い急ぐ必要はない。
無意味に需給バランスを崩せば、被災地へ少なからず影響が生じることを想像して欲しい。

過去に震災を経験し、避難所生活を送った立場からみて不思議なこと。
防災ヘルメットを買ってたおばさん、いつ使うんだろう。
被災地では記者しか被っていないことに違和感はないんだろうか。
posted by taro at 23:55| バンクーバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。私は都内のスーパーで働いていますが、開店前から沢山の人が並んでいて商品の奪い合いもかなりありました。食パンや牛乳を大量に買ってどうするのでしょう?計画停電も今のところ実施されていない地域にいるのでもう少し冷静になって欲しいと思います。
Posted by しほ at 2011年03月19日 10:25
すっかり、失礼しました。
そろそろ1年が過ぎようとしていますが、すっかり日常に落ち着いています。
過去の震災とは安易な比較はし難いものの、16年前の被災地内外の温度差を今更ながら実感しています。
Posted by taro at 2012年02月01日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



↓グルメブログ情報が満載です。↓
にほんブログ村 グルメブログへ My Yahoo!に追加
28.jpg banner_04.gif
BBS7.COM
MENURNDNEXT

List me! by BlogPeople

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。